しずおかオープンデータ推進協議会 運営規約

第一章 総則

第1条(名称)
本会は、しずおかオープンデータ推進協議会(以下「本会」という)と称する。

第2条(所在地)
本会の所在地を、静岡県静岡市とする。

第3条(目的)
本会は、静岡県内および関連地域におけるオープンデータに関する調査研究及び実践を推進し、もって地域経済活動の活性化、住民生活の向上に寄与することを目的とする。

第4条(事業)
本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

① オープンデータに関する調査研究
② オープンデータに関する情報交換
③ オープンデータに関する技術的、制度的諸課題の検討
④ オープンデータに関する提言
⑤ オープンデータに関する普及、啓発
⑥ その他本会の目的を達成するために必要な事業

第二章 機関

第5条(会員)

  1. 本会の会員は、正会員及び賛助会員、特別会員とする。
  2. 正会員は、本会の目的に賛同する団体または個人とし、本会の会員総会及び部会等への参加及び議案の提案並びに議決権を有するものとする。
  3. 賛助会員は、本会の目的に賛同して、本会の事業を支援する団体または個人とする。
  4. 特別会員は、会長が特に必要と認めた者とする。

第6条(入会及び退会)

  1. 会員の入会については、別に定める入会届を提出し、会長の承認をもって入会とする。
  2. 退会については別に定める退会届を提出し、総会に報告する。但し、1年以上会費の納入がない場合は、退会と看做す。

第7条(会費)

  1. 会員は、事業年度を単位とする会費を納入するものとする。
  2. 会費は、毎年3月末日を納入期限とする。但し、入会時の会費は、入会時にその年度の会費を納入するものとする。
  3. 会長が必要と認めた者については、会費を減額又免除することができる。
  4. 自治体会員及び賛助会員については、会費を無料とする。

第8条(総会)

  1. 本会の総会は、定時総会と臨時総会の二種とする。
  2. 定時総会は、会計年度終了後三ヶ月以内に開催し、臨時総会は、必要に応じて開催する。
  3. 会長は、審議事項を記載した総会の招集通知を以て、総会期日の一ヶ月前までに通知する。
  4. 総会は、会員をもって構成する。出席できない会員は、書面または電磁的方法によって議決権を行使し、または本会会員を代理人として議決権を行使できる。
  5. 総会の議長は、会長が就く。会長に事故あるときは、当該総会に出席した会員の中から選出する。
  6. 総会は、会員の過半数の出席を以て成立し、その議事は出席会員の過半数を以て決する。
  7. 議決権は、会員あたり一票とする。
  8. 総会は、次の事項を決議する。

    ① 本規約の変更
    ② 本会の解散及び合併
    ③ 事業計画及び予算の承認
    ④ 事業報告及び決算の承認
    ⑤ 役員の選出、解任
    ⑥ 入会の承認
    ⑦ その他、必要と認めた本会の運営に関する事項

  9. 総会の議事については、次に定める議事録を作成し、議長が署名または記名押印する。

    ① 日時及び場所
    ② 会員総数及び出席会員数(書面による票決を付記する)
    ③ 審議事項
    ④ 議事の経過の要領及びその結果

第9条(役員)
本会は、次の役員を置く。

会長 1名
副会長 若干名
監事 若干名

第10条(役員の任期)
役員の任期は1年とし、再任を妨げない。

第11条(役員の職務)

  1. 会長は、本会を代表し、会務を総理する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長不在等のときはその職務を代理する。
  3. 監事は、本会の業務を監査する。

第12条(幹事会)

  1. 本会は、本会を円滑に運営するため、幹事会を置く。
  2. 幹事会は、幹事をもって構成する。
  3. 幹事は、会員の中から会長が指名する。
  4. 部会長は、これを幹事とする。
  5. 幹事会は、幹事の互選により、幹事長及び幹事長代行を置く。
  6. 幹事長は、幹事会を総理し、幹事長代行は、幹事長を補佐し、幹事長不在等のときはその職務を代理する。
  7. 幹事会は、各幹事が招集する。
  8. 幹事会を招集する者は、幹事会の日の一週間前までに、各幹事に対してその通知を発しなければならない。
  9. 前項の規定にかかわらず、幹事会は、幹事の全員の同意があるときは、招集の手続を経ることなく開催することができる。
  10. 幹事会は、総会の議案を協議し、会長の承認をもって、総会に諮る。
  11. 幹事会は、総会の決議事項を実施する。
  12. 幹事会は、緊急を要する事項について協議し、会長の承認をもって実施し、総会に諮る。

第13条(顧問)

  1. 本会には、顧問を置くことができる。
  2. 顧問は、会長が委嘱する。

第14条(部会)

  1. 本会は、第4条に定める事業を遂行するため、部会を置く。
  2. 部会は、会員の中から、総会で決定された課題分野について参画意思のある部会員をもって構成する。
  3. 部会長は、部会を総理する。
  4. 部会長は、部会運営を円滑に行うため、部会運営委員を指名することができる。
  5. 部会は、必要に応じ部会長が招集する。
  6. 部会は、総会で決定された活動方針に基づき調査、研究、その他事業を行い、その活動成果、内容等について幹事会を通じ総会に報告する。
  7. 前項の活動を推進する上で、必要な分科会を置くことができる。

第15条(事務局)

  1. 本会の事務局は会員内に置く。
  2. 事務局に会長の指名する事務局長を置く。

第三章 計算

第16条(会計)
本会の事業を遂行するために必要な経費は、会費、寄付及びその他の収入をもって充てる。

第17条(事業年度)
本会の事業年度を、毎年4月1日から翌年3月末日までの、年一期とする。

第18条(計算書類)

  1. 本会は、毎事業年度終了後、次の計算書類を作成する。

    ① 貸借対照表
    ② 剰余金増減計算書
    ③ 事業報告書

  2. 監事は、監査の結果をふまえ、監査報告書を作成する。
  3. 計算書類及び監査報告書は、総会の承認後、電磁的方法により開示する。

第19条(剰余金の分配)
本会の剰余金は、これを分配しない。

第20条(雑則)
本規約に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、会長が別に定める。


起草:平成26年5月22日
改訂:平成26年6月13日
施行:平成26年7月19日
改訂:平成27年1月24日